名古屋探検4 高質な資材が生み出した成功

名古屋に本社を構える製造業は、ミシン、ファクシミリなどの製造を手がけるブラザー工業をはじめ、大同特殊鋼、カゴメ、パロマ工業、リンナイ、鉄道車両の製造で国内トップクラスの地位を獲得している日本車輌製造、世界のブランドに成長した日本碍子、日本特殊陶業、グローバルブランドのノリタケカンパニーリミテド、ジェイテクト、DMG森精機、フルタ電機、世界各国から注目されている三菱航空機などがあります。

名古屋にはなぜデザイナーズマンションやデザイナーズアパート、デザイナーズ住宅が数多くつくられているのかというと、こうした製造業で生産される極めてクオリティの高い資材が、お膝元の名古屋市内から近県に流通することで、低コスト・高品質なデザイナーズブランドが可能になっているからではないでしょうか。

日本のものづくりが世界トップクラスであることは広く知られていますが、それにアグラをかいていてはやがて世界に追いつかれると懸念する専門家もいます。

そこでさらなる進化を遂げてほしいのが、デザイナーズブランドのメッカである名古屋の底力です。

いま名古屋にはこれまでになかったデザイナーズマンションやデザイナーズアパート、デザイナーズ住宅が駅前や製造工場などが集約されるエリアの近くに相次いで建設されています。

メゾネットで3階建てのデザイナーズマンションや二世帯・3世代同居の快適性をさらに高めたデザイナーズ住宅もその1つです。

デザイナーズブランドの進化が、名古屋に居を構える製造業の各社に、大きな実りをもたらすことも間違いのないところです。