名古屋探検1 道路が導いた成功

ほんの一例ですが、ノリタケ本社工場(西区)、東レ愛知工場(西区堀越)、三菱電機名古屋製作所矢田工場(東区矢田)、レンゴー名古屋工場(東区砂田橋)、アサヒビール名古屋工場(守山区)、三菱重工業岩塚工場(中村区岩塚)、日清製粉名古屋工場(中川区長良)、東海旅客鉄道名古屋工場(中川区長良)、リンナイ愛知工場(中川区愛知)など、名古屋には日本を代表する製造拠点が多数あります。

なぜこんなにもたくさんの製造拠点が名古屋に集まっているかというと、名古屋は日本でもっとも広いといわれる道路網が整備されていることに大きな要因があります。

その原点になったのは名古屋の広小路に見られるような“江戸時代の大火”を教訓にした防火帯としての役割に道路が使われたことによると言われています。

戦災復興のための都市計画に基づいて大胆な道路計画が練られ、市街地の東西南北に幅員の広い道路を何本も通しながら、市内の各所に散在していた墓地をすべて1カ所に集約するというものでした。

ときは移りその道路は産業発展のための大動脈として機能するようになり、その利便性の良さから日本国内の主要大手メーカーが、相次いで生産拠点をこの名古屋に移転し稼働させるようになったのです。

そうなると街は経済的に潤い、いっきに栄えて人口の流入もうなぎのぼりに増加しました。

それを裏づけるように、現在名古屋にあるマンションの棟数は国内で五指に入る多さで、デザイナーズマンションや超高層マンションなどの建設ラッシュがつづいています。

とくにデザイナーズマンションの建築棟数は著しく、主要地域のいたるところに建てられています。

仲介手数料無料のLAxury (ラグジュアリー)は名古屋のデザイナーズマンションに特化した物件情報サイトですが、このようなサイトがあることもデザイナーズマンションの豊富さ、そして需要の高さの証明といえるでしょう。

「建物を見れば街の元気度がわかる」と言われますが、名古屋はそうした意味で、国内トップクラスの元気な街といえるかも知れません。